2007年09月30日

足音が聞こえた

オオトラの友だち

おまえ、いまどこから走ってきたんだ?
雨の中をわざわざ、この近くで待っていたのか?
僕は毎朝来るとはかぎらないんだぞ。とくにこんな雨の日は。
しばらくそこで雨宿りしてな。体がぬれるから出てこなくていい。
追いかけてくるなよ。

急に寒くなった

猫のオオトラ

オオトラ、けさは寒いからうずくまっているのか?
そんな中途半端なところにいないで、どこかで丸くなっていたほうがいいんじゃないのか?
背中の毛玉が少なくなったように見えるぞ。そっち側はどうだ?

2007年09月28日

少しずつ元気になる

オオトラの友だち

無理して元気に見せかけていないか?
あまり食べないって、みんなが心配しているぞ。

元気すぎるか

オオトラの友だち

急に静かになったな。
おまえは元気がよすぎるから、たまにはそうやってろ。
みんなは気が休まっていいかもしれない。

こっちがいい

猫のオオトラ

オオトラは、こっちに出てきたらだめだって言ったじゃないか。
さあ早く帰れ。

2007年09月27日

元気をもてあましてる

オオトラの友だち

おまえ、このごろオオトラと一緒にいることが少なくなったな。
1ヵ月前までは柵の向こうにいて、オオトラと仲がよかったのに。
こっちにいると車にひかれる危険があるぞ。あまり走り回らないようにな。

秋のにおい

オオトラの友だち

ほんのり草のにおいがするよ。
春夏秋冬、こういうところにも季節が感じられるんだな。

2007年09月26日

陽はまた昇る

オオトラの友だち

朝日が上がったばかりだ。
この朝日を見ている猫は何匹いるだろう?
日本全国の猫たち、あしたも陽が昇るよ。

バタアシ?

オオトラの友だち

おまえ、走るときバタバタ音がするぞ。
猫の足って音がしないんじゃないのか?
とにかくそんな音をたてて、僕の自転車と一緒に走らないように。
バタバタする足と言ったって、水泳のバタ足とは違うぞ。

2007年09月25日

傘がない

猫のオオトラ

けさは雨がしとしと降っている。
きのうが休日だったから、きょうが月曜日のように感じる。
傘をさして学校へ行く人、仕事へ行く人、はたまた何か都合があって出かける人などさまざまいるだろうな。思い思いの週始まりだ。
オオトラは出かけなくていいんだぞ。ゆっくり寝ていればいい。

2007年09月24日

あの街灯消せ

オオトラの友だち

どんよりした空だな。
きのうは彼岸の中日だった。暑さ寒さも彼岸までと言うけど本当だな。
けさは肌寒い。暦の上ではもう秋だ。

秋の訪れ

オオトラの友だち

秋の日の ヴィオロンの ためいきの
身にしみて ひたぶるに うら悲し。
鐘のおとに 胸ふたぎ 色かへて
涙ぐむ 過ぎし日の おもひでや。
げにわれは うらぶれて こゝかしこ
さだめなく とび散らふ 落葉かな。
〜落葉〜 ポール・ヴェルレーヌ/上田敏訳詞

2007年09月23日

まだ帰らない

オオトラの友だち

かわいそうに、ずっと子どもを探しているのか?
いつもなら、このへんをぴょんぴょん走り回っていたものな。そのうち必ず帰ってくると思っているんだろう?
母子ここで三ヵ月近くを過ごしたことになるのか。まだ手放したくなかったんだろうけど、おまえのこどもはもらわれていったんだよ。巣立っていったんだよ。だから、もう探すな。

おい、そっちのおまえ、この猫を元気づけてくれ。

2007年09月22日

誰と話してる?

猫のオオトラ

水だ。オオトラ、飲め。
水ぐらい置いてもいいと思うけど、捨てられたりタバコの吸殻を入れられたりするんだよな。困っている者をさらに苦しめるような人間が増えてきた。世直しが必要だよ、福田さん。

きょうもいない

オオトラの友だち

おまえを見ると、僕は胸がはりさけそうだ。
きのうもきょうも昼夜、子どもを探しているんだな。どこかにいるはずだと思って。でも探しても無駄なんだよ。もらわれていったんだから。わからせてあげられなくて、とてもつらいよ。

オオトラの友だち

この中によく入って遊んでいたよな。

2007年09月21日

帰ってこない

オオトラの友だち

ゆうべ子どもを連れて行かれたんだってな。
いままで一緒にいたから、さぞかしさみしいことだと思うよ。

こっちがいい

猫のオオトラ

オオトラ、向こうにいろと言ったじゃないか。
早く柵を越えて戻れ。こっちは人通りが多いし、近くに大きな道路があるし、危険がいっぱいだぞ。

すべりだい乗る?

オオトラの友だち

僕の自転車と並んで走るのはよせと言っただろう。
どこまでついてくるんだ?

2007年09月20日

いつか猫になる

オオトラの友だち

おまえ、このごろ行動範囲を広げたな。
うろうろ歩いて目立ちすぎないようにしろよ。おまえたちがいるだけで迷惑だと言う人がいるんだから。とんでもない話だよな。その人たちには、次に猫に生まれてきてもらおう。

わからない

猫のオオトラ

オオトラはこうやっていつも姿を見せてくれるけど、コトラたちはどうしたんだろう?オオトラは知っているんだろう?